長嶺南ファミリー歯科ロゴ096-234-7648

無痛治療への取り組み歯科医院

院長紹介 スタッフ紹介
お口の中の総合案内 小児治療 矯正治療 審美治療 入れ歯治療 歯周病治療 インプラント治療
料金案内 医療費控除について よくある質問Q&A スタッフ募集 スタッフブログ
診療時間案内
サイトマップ
リンク集

【歯列矯正歯科治療】 熊本市東区・長嶺南ファミリー歯科

矯正歯科治療

矯正治療前、様々な不正咬合症例

上顎前突 (じょうがくぜんとつ)

上顎前突 (じょうがくぜんとつ)

いわゆる出っ歯の状態です。
前歯部は噛み合わせの力を配分するレーダーの役割を持っており、レーダーが機能しないことで、歯全体の寿命が短くなる傾向にあります。

下顎前突 (かがくぜんとつ)

下顎前突 (かがくぜんとつ)

一般的に、しゃくれと呼ばれている状態です。
こちらもレーダーの役割が果たせず、歯全体の寿命が短くなります。

叢生 (そうせい)

叢生 (そうせい)

一般的に八重歯、乱杭歯(らんぐいば)と呼ばれるガタガタの歯並びを叢生と呼びます。
こちらも歯の寿命が短くなります。

上下顎前突 (じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突 (じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突とは、上と下の顎が通常より前に出ている状態です。

空隙歯列 (くうげきしれつ)

空隙歯列 (くうげきしれつ)

空隙歯列とは一般的に、すきっ歯と呼ばれ、歯と歯の間が広い状態です。

開咬 (かいこう)

開口 (かいこう)

開咬とは、口を閉じた状態でも上と下の歯が触れない状態です。

過蓋咬合 (かがいこうごう)

過蓋咬合 (かがいこうごう)

過蓋咬合とは、歯を噛み締めた時に歯が隠れるほど深い咬合になります。

小児反対咬合 (しょうにはんたいこうごう)

小児反対咬合 (しょうにはんたいこうごう)

通常噛み締めたとき、上の歯が被さりますが、下の歯が被さることを反対咬合と呼びます。

歯並びが悪い事でのデメリットについて

①うまく噛めない

麺類などをうまく噛み切れない、咀嚼(そしゃく)が偏っているなどの生活を若い頃から長年続けていると、顎に歪みが生じ、慢性的な肩こり、頭痛の原因になったり、顔自身が左右非対称になってしまいます。
また胃や腸に消化の負担をかけ、消化不良に陥る事もあります。

②虫歯・歯周病になりやすい

日頃の歯磨きではどうしても汚れが残ってしまい、毎日ちゃんと磨いているのに虫歯ができてしまいます。
歯磨きが難しい部位は同時に治療も難しい場所だとも言えますので、治療を何回してもまた悪くなるリスクを抱えたままになります。

③発音

正しい発音は口腔内の筋肉(頬、舌)、歯列などの調和によってもたらされます。発音は社会において相手とのコミュニケーションをはかるうえで非常に重要なファクターです。

④顎の成長

顎の骨は家族の遺伝的影響を受けやすく、ある程度予測可能です。成長期に顎の成長を歯列矯正にてコントロールできれば、成人になってからの大掛かりな矯正治療(骨切りなど)を回避する事ができます。

⑤心理的影響

自分の歯並びに自身がなくて人前で笑う事をひかえてしまう。これほど辛い事はありません。思春期を迎えたお子さんや社会人になってからこのようなことがあると、人生において大きなハンディをかかえてしまいます。

当院では「ホームページをみた」と予約時におっしゃっていただければ、無料にてドクターが相談をお聞きします。
何より、ドクター自身が歯列矯正経験者ですのでより患者さんの立場でお話しできるかと思います。

見えないマウスピース矯正治療(インビザライン)

見えないマウスピース矯正インビザライン

「歯並びを治したいけど金属が見えるのがイヤ。。」
「仕事でお客様と会うことが多いのでさすがに今さら矯正なんて…」

と自分の歯並びは気になるけど、と今ひとつ治療に踏み切れない方への朗報です。

インビザラインはブラケットやワイヤーなどの金属を使わない、透明なプラスチックで作製されたマウスピース型の見えない矯正装置です。

初回にシリコンの型取りを行い、それを専用機器で読み取り、三次元治療計画ソフトウェア上で理想の歯並びに設計して製作されます。
基本的には2週間に一度のペースでマウスピースを交換していきます。

装置が透明なので装着していても他人に気づかれず、しかも取り外しができるため、口腔内も清潔に保ちやすく、患者様にとって大きなメリットをもたらしています。

マウスピース矯正のメリット

  マウスピース矯正 従来の矯正
治療方法 透明で取り外しが可能なアライナーを使用して歯の矯正を行います。ワイヤーなどは使用しません。 ワイヤーとブラケットを使用する固定式の矯正装置を使用して歯を矯正します。
見た目 透明の医療用プラスチックで作製されるアライナーは、装着していても目立ちません。 歯に装置を固定するため、目立つ場合があります。
機能性 アライナーは簡単に取り外すことができます。 治療が完了するまで、矯正器具は取り外すことができません。
金属アレルギー アライナーは金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。 固定された金属製のブラケットやワイヤーによる、口腔内への影響があります。
お手入れ アライナーを取り外して、普段どおりの歯のお手入れが可能です。 矯正装置が歯に固定されているため、歯と歯肉全体のお手入れが難しくなります。
実感度 段階的にアライナーを交換することにより、矯正治療の進行度合いを確認できます。 装置が固定されているため、治療の進行度合いを確認しづらい場合があります。

メラビアンの法則 (歯科豆知識)

アメリカのUCLAの心理学者、A.メラビアンが1971年に提唱した概念で、人の行動が他人にどのような影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や花石の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%
の割合であった。つまり、人の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、またその情報のほとんどを「視覚情報」から得ているというものです。

そのため明るく、健康的な笑顔はとても大切な役割を持っています。

話す言葉、声質、声の大きさ以上にその人の第一印象を決定づけている笑顔、そのなかでも大きな要素を占める口元は相手に与える印象も格段に強く、美しい口元は自信にもつながり、良好なコミュニケーションをとることができ、結果としてより良い人間関係を築くことができます。

歯列矯正治療によって得られるものは、単に見た目だけではありません。歯並びを整え、歯や歯肉の健康、美しさ、そしてあなたの明るい人生です。

診療時間案内

ご予約、お電話でのご質問やご相談は、お気軽にお問い合わせ下さい。

熊本県熊本市東区・長嶺南ファミリー歯科
受付:096-234-7648

メールでのご質問、ご相談はこちら